課金論争

ソーシャルゲームが2000年代後半に登場して以来、その市場規模は安定的な成長を続けている。

フリーミアムというビジネスモデルが用いられ、高度な機能や特別な機能を手にするためには料金がかかる。
「課金」という言葉が広まったのもソーシャルゲームが流行りの影響が大きいだろう。

SNSを覗いていると絶えず出てくるのが無課金・課金論争である。今回は、この論争について1石を投じたいと思う。

今回、論争として挙げるのは、無課金のゲームプレイヤーと課金したゲームプレイヤーの論争であり、外部の人間は登場しないと断っておく。

無課金プレイヤーは次のような主張を掲げる。
「ゲームは趣味であるからお金を投入することはしない」
良い悪いどちらともいえないが、これに関しては正しい考えであるといえる。

しかし、時に次のように主張する無課金論者がいる。
「ゲームは趣味であるからお金を投入することはおかしい」

また、無課金であることを誇り、課金プレイヤーはあたかも劣っているかのように発言することも見受けられる。

確かに、データのような実在しない水物を買うという行為自体にはゲームに関わらず様々な論争を引き起こしてきた。
しかし今回は課金することの是非自体ではなく、時間的側面から見た課金することの合理的な理由を説明し、先ほどの主張の危うさを指摘したい。

そもそも、ソーシャルゲームにおいての課金とはどのようなものか。
様々な対価が与えられるがフリーミアムの考えに沿ってみれば課金によってプレイヤーの能力を上げたり、容姿をカスタマイズすることであろう。

当たり前だが、課金することによって不利益を被ることはない。
では、そういった機能は無課金プレイヤーには味わえないかというとそうではなく。例外は存在するが、無課金であろうと時間をかけてアイテムを集めることで確率は低いがガチャ機能で引くことができる。おそらく無課金を誇る人間は、アイテムを集め、低確率のガチャを引き当てることの達成感や根気強さに自信を持っているのだろうが、これは自己満足に過ぎず、他者にその考えを押し付けることに妥当性はない。

なぜなら無課金者は課金者が払うお金の代わりに時間という対価を支払っているからである。

高価アイテムを手にするために1時間かかるとすれば、その一方で課金者は1時間アルバイトでもすれば得たお金で課金ができる。

たいていの場合、課金金額でアイテムを手に入れるのみならずお釣りまで出るだろう。

もちろん、労働による体力消費や精神的な理由も存在するだろうが、割の良い方を選ぶのは人間として当然のことであろう。

また労働→課金の流れでお金が回るため
経済的な観点から優位であろう。


もちろんポリシーとして無課金で行うことに価値があると考えるのは勝手にしていただきたいが、他人に考えを押し付けたり、非難することは時間的観点からみれば主張に合理性が無いため避けるべきだろう。なぜなら時間には価値があるからであることを考えてないからである。


最後に課金者の言葉を借りて終わりたい。

「まだゲームなんかに時間をかけてるの?」